FXの売買戦略・相場予想の他、基礎・必勝法などFX情報が満載!

■ランキングの応援クリックをぜひお願いします!■
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ にほんブログ村 人気ブログランキングへ ブログランキング

2008年09月22日

■ゴールドマンとモルガンSが銀行に転身−「ウォール街の時代」に幕

→人気投票の応援クリックをお願いします!

米証券大手のゴールドマン・サックス・グループ とモルガン・スタンレーは21日夜、約20年にわたる「ウォール街の時代」に幕を引いた。独立した投資銀行という事業モデルを投資家が却下した今、そのような存在には将来がないとの結論に達した。

米連邦準備制度理事会(FRB)は21日、両社が銀行持ち株会社になることを承認。75年前に預金金融機関と切り離されて以来続いた証券会社の地位上昇の流れが終わった。リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破たんと米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)へのメリルリンチの身売りという波乱の週は、このような結末を迎えた。

米連邦預金保険公社(FDIC)の総裁を務めたウィリアム・アイザック氏は「この決定によって、われわれが知っているウォール街は消滅した」と話した。

ポールソン米財務長官をはじめ多くの人材を輩出したゴールドマンと、投資銀行と商業銀行を分離した1933年のグラススティーガル法によって誕生したモルガン・スタンレーは先週、株価下落と資金コスト急上昇のなかでも事業モデルの存続を模索していた。

しかし米国株が急落し顧客が離散するなかで、両社経営陣はこれを断念。FRBは21日午後9時の会合で、同日に提出された両社の申請を検討した。FRBのミシェル・スミス報道官によれば、承認決定は全会一致だった。

アルパイン・ウッズ・キャピタル・インベスターズで運用に携わるピーター・コバルスキー 氏は「社会の考え方が変わったのだ」と述べた。

ビッグバン以来

モルガン・スタンレーとベアー・スターンズの株式公開やロンドン金融市場の大改革(「ビッグバン」)のあった80年代以来、ウォール街をこれほどの変化が襲ったことはない。

銀行持ち株会社となることで、ゴールドマンとモルガン・スタンレーは、他の銀行買収などを通して預金という資金基盤を確保することができる。事業資金として、借り入れではなく個人からの預金に頼ることができる。ベアー・スターンズとリーマンを破滅させたのは、不安定な借り入れへの依存だった。

信用収縮が昨年始まって以来、モルガン・スタンレーは157億ドル(約1兆 6700億円)、ゴールドマンは約49億ドルの評価損・貸し倒れを出している。両社は赤字にこそ転落していないものの、収入減は避けられない。調査会社クレディットサイツのアナリスト、デービッド・ヘンドラー氏は、「今は預金金融機関が王様だ。本格的な資金を調達する唯一の方法だからだ」と話した。

銀行持ち株会社となることで、モルガン・スタンレーは選択肢を検討する時間の余裕が得られた。同社は先週、米銀ワコビアとの合併を交渉しつつあった。ノースカロライナ大学のトニー・プラス教授は、「モルガン・スタンレーはワコビアとの合併の案について考え直し、単独での存続を目指すだろう。ワコビアとの合併よりも、割安な銀行を買収することを考えるだろう」と話した。

モルガン・スタンレーは8月末時点で、360億ドルの預金と300万のリテール(小口)口座を持っていた。同社は傘下のユタ州の銀行を国法銀行に変更することを計画している。

全米4位

ゴールドマンは既に2つの子会社を通して200億ドル超の預金を保有し、全米4位の銀行持ち株会社となる。新たな預金金融機関子会社、GSバンクUSAも創設する。21日の発表によれば、同社はGSバンクを、資産1500億ドル以上を持ち米国で10指に入る銀行とする計画。

銀行持ち株会社は通常、FRBの管轄下に置かれる。シティグループとBOA、JPモルガン・チェースもFRB管轄下の持ち株会社だ。一方、証券会社は米証券取引委員会(SEC)の管轄下だが、ゴールドマンとモルガン・スタンレーが 銀行持ち株会社となった後のSECの役割は不透明だ。SECの元法務顧問、デービッド・ベッカー氏は、「大手投資銀行の最後の2社が消えたことを意識せざるを得ない」と話した。

巨額ボーナスも終わり

形態の変更はゴールドマンとモルガン・スタンレーの事業手法にも影響を及ぼすだろう。両社はリスクを減らすと同時に、報酬も減らすかもしれない。ゴールドマンは特に、幹部の高報酬で知られるが、「預金を保護することを法律で義務付けられるだろう。高いレバレッジの時代は終わり。巨額ボーナスの時代も終わりだ」と、マンハッタン大学教授(金融学)で「ウォールストリートの歴史」の著者チャールズ・ガイスト氏は論評した。

→さらなるFX情報はコチラ
→FXブログの人気ランキングはコチラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106983683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。